マネー

マンション投資を失敗しないマル秘テクニック|投資技術活用法

リスクが少ない投資

マンション

マンション投資のメリットは、ミドルリスク・ミドルリターンな部分でしょう。株やFX取などの大きな収益が得られる投資も魅力的ですが、リターンが大きいということは、それだけ抱えなければいけないリスクも大きくなるのです。対してマンション投資は、手取り利回りが5%~6%の物件が多く、株やFX取引のように大きな収益を得ることはできません。しかしその分長期的に、安定した収益を上げられるというメリットがあります。将来的に人口が減らない地域の物件を購入すれば、不動産価格が半分になったり、賃料が半分になったりなど大きなリスクはないのです。

長期的に安定した収入を得られるマンション投資ですが、気をつけなければいけないリスクもあります。その1つが空室リスクです。利回りが良い物件を購入したとしても、入居者がいなければ家賃収入は入ってきません。そのため空室の期間をなるべく少なくすることが、マンション投資をする上で重要になります。空室リスクは「立地×商品力×営業力」で算出できます。都心で駅から近い立地が良い物件、売れ筋の価格帯で部屋の内容が良い、賃貸管理会社の能力が高いなど、3つの要素が良ければ空室リスクは最小限に抑えられます。マンション投資は、空室リスクだけではなく、滞納リスクもあります。滞納リスクとは、入居者が家賃滞納した場合のリスクのことです。滞納リスクを軽減する方法は、専門家に任せる方法です。滞納解消のノウハウを持っているので、トラブルにならない適切な方法で、上手く交渉してくれます。