マネー

マンション投資を失敗しないマル秘テクニック|投資技術活用法

家賃保証の必要性

つみき

不動産投資をする際に、利用するか悩むのが、家賃保証です。家賃保証とは、投資物件に空室があった場合に、空室分の家賃を一定額オーナーに支払うという制度です。その分オーナーは、家賃収入の一定割合を保証会社に支払い、空室リスクを軽減することができます。家賃保証を利用するメリットは、空室率が高い物件を購入する際に、融資審査で有利になることです。空室率が高いと、収益の見込みが低いため、融資審査で通りづらくなります。しかし家賃保証を付けることで、空室リスクが軽減できるので、融資審査が通りやすくなるのです。このようなメリットがある家賃保証ですが、注意すべき点もあります。それは、入居付けが楽な場合でも、家賃保証をつけるケースです。新築物件を購入する際に、業者に勧められて家賃保証をつける人は多いですが、新築は入居付けが非常に楽です。そのため空室リスクが低いのにも関わらず、家賃保証をつけているため、得られる収益が低くなってしまうのです。ですから家賃保証が必要かどうか自分で見極める必要があります。

家賃保証を検討しているなら、専門用語について知っておいたほうが良いです。知識がないと、業者に良いように言われて騙される可能性もあるので注意しましょう。「預かり金」とは不動産売買の仲介者の不動産業者に、申込金や敷金などとして解約時までに不動産会社に預けておくお金のことです。「一時金」とは、敷金や保証金、更新料など1回払いが必要な費用のことです。このような基礎的な用語を知っているだけでも、役立つ場面はたくさんあります。