集合住宅

マンション投資を失敗しないマル秘テクニック|投資技術活用法

選ぶ時の重要なポイント

集合住宅

投資用マンションの選び方がわからないなら、まずは立地と価格を重要視したほうが良いです。立地が悪く、高い価格のマンションは購入しないようにしましょう。検索サイトを使えば、簡単に希望に合った投資用マンションが探せます。

リスクが少ない投資

マンション

マンション投資は、長期的に安定して収益が得られるという、株やFX取引にはないメリットがあります。空室リスクや滞納リスクなどのリスクもありますが、適切な方法で回避することは可能です。

失敗談を参考にしよう

女性

これからマンション投資を始める人は、安定した収益を得られるのでワクワクしているでしょう。しかし投資をする上で考えなければいけないのは、リスクや失敗です。実際に遭った失敗談を見ることで、同じような失敗をしないように対策しましょう。ここで紹介するのは、新築のワンルームマンションを購入した男性の失敗事例です。男性は、節税の代わりに新築のワンルームを購入したのですが、順調だったのは最初の数年程度で、それ以上は節税効果がなくなり収支は赤字が続く結果になってしまいました。節税としてマンション投資を始める人は多いですが、その効果は永久的に続くものではないので、注意したほうが良いです。また、資産運用目的で投資を始めるなら、適切中価格で購入できる中古を選んだほうが良いです。

マンション投資は、大別してワンルームと1棟アパートの2種類に分けることができます。それぞれメリットが異なるので、把握しておきましょう。まず、ワンルームのメリットは少額の資金から始められて、借り入れ負担が少ないことです。また、オートロックや防犯カメラなどの設備が充実しているため、後から付け足す必要がありません。対して1棟アパートのメリットは、1部屋が空室になった場合も、他の部屋の家賃収入があるため収入が0になる可能性は低いです。また、ローンを利用すれば少ない自己資金を活用して、多額の家賃収入を得ることもできます。このように同じマンション投資でも、ワンルームと1棟アパートでは、メリットが大きく変わるのです。

家賃保証の必要性

つみき

不動産投資をする際に家賃保証をつける人は少なくありませんが、本当に必要かどうか見極めることが大切です。特に新築物件の場合は、入居付けが簡単なので、家賃保証は必要じゃない場合が多いです。